千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒299-0261

千葉県袖ケ浦市福王台2-21-11 セントラルビル1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

台風の脅威に備えて甚大な被害を防ぎましょう|市原市


足場で台風の影響を受けるのは?

日曜日の夜から月曜日にかけて本州に上陸する恐れの台風21号に警戒が強まります。太平洋側を中心に大荒れの予報が出ており、警報や注意報で喚起していますので、市原市の工事施工中の商業施設にて足場の養生を行いました。普段、工事現場などで目にすることの多い足場ですが、職人さんなど作業員の落下防止や、塗料などの飛散防止の為のメッシュシートが張られてあります。メッシュシートは台風の様な強風の影響を受けてしまうので、絞ってまとめておかないと足場の倒壊事故に繋がります。

足場
足場

住宅で影響を受けるのは

台風による強風の影響を受けるのは、足場だけではありません。住宅では瓦などが飛散するイメージがあると思いますが、ベランダやバルコニーの屋根、カーポートも飛散する可能性があります。殆どは「ポリカーボネート」という軽量の素材が取り付けられており、「強風の影響で飛散したので直してほしい」と、お問合せをいただく機会が多々あります。取外しておけば飛散する心配もありませんので、現在工事中のお客様邸でも、しっかり台風対策を行いました。

その他には

その他にも、飛散する危険性があるものでは、植木鉢や物干し竿、洗濯バサミなどです。日常生活において飛散する事はないだろうと思うものでも、台風での強風の威力は凄まじいものがありますので、床に置いていても物干し竿に付けていても飛散する可能性があります。落下したり、窓ガラスを割ったりという事も考えられ、近隣の住宅まで飛散してご迷惑をかけてしまう可能性も十分にありますので、台風が通過するまでは、室内にしまっておきましょう。普段、何気なく使っているものでも飛散する可能性のあるものは固定したり室内にしまったりして台風対策を行ってください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン シーリング材の剥離は雨漏りに繋がります|木更津市

木更津市のお客様邸にて「外壁を触ったら粉をふいているけど塗り替え時期ですか?」とのご相談があり、外壁の調査を行いました。外壁はモルタルで、手で触るとお客様の仰った通り手が白くなります。外壁塗装の塗り替え時期のサインであるチョーキング現象です… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 外壁塗装の下地処理は外壁自体の寿命を左右します|千葉市

千葉市のお客様邸にて外壁塗装を行っています。外壁塗装は読んで字のごとく外壁の塗装を塗り替える工事になりますが、塗装を行なう前に必ず行わなければいけない重要な作業が下地処理になります。外壁塗装工事は単純に現状の塗装の上から新しい塗料を塗れば良… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 外壁のクラックは幅と割れている方向をご確認ください|君津市

君津市のお客様から「自宅がモルタルの外壁で長いひび割れがあるんですけど、壁が崩れてこないか心配です。」とお問合せをいただき外壁の調査を行いました。お客様は不安な表情をされていましたので、まず安心していただく為に次のようにご説明をしました。モ… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に