千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > ブログ > 千葉市中央区中央のビルで室内への雨漏りを改修用ドレン設置工事...

千葉市中央区中央のビルで室内への雨漏りを改修用ドレン設置工事で改善、笠木シーリング補修も実施


本日は前回ブログでご紹介した千葉市中央区中央にあるビルの雨漏り補修の様子をご紹介したいと思います。ビルやマンション等に多く採用されるフラットな陸屋根(ろくやね・りくやね)は屋上庭園や洗濯物干しスペースとしても利用できる反面、傾斜がほとんどない為水捌けが悪く防水層が傷みやすい傾向にあります。更に雨漏りが発生すると軒先に流れる可能性もある勾配屋根とは違い、間違いなく下階に漏れますので室内への被害は避けられないでしょう。その為雨漏りが起きないよう日々のメンテナンスを心がけ、万が一雨漏りを起こしてしまった時は早急に補修を行いましょう。

室内への雨漏り補修工事

室内雨漏り
屋上の排水ドレン

今回雨漏りに気づいたきっかけは室内リフォームですが、雨漏りを改善しない限りは室内を補修することも出来ません。雨漏りを起こした場所は前回推察した通り、陸屋根の排水ドレン周辺です。ドレンは屋上に溜まった雨水を接続された雨樋を通じて地上に流す役割を担っていますが、ドレン内部が雨水で劣化し穴あき等を起こす可能性があります。通常破損した部分は新たな部品に取り替えて雨漏りを補修しますよね?しかしドレンの交換は構造を傷つける可能性もあり、今後別の場所からの雨漏りを起こすリスクも抱えます。

改修用ドレンのメリット・デメリット

改修用ドレン
改修用ドレン設置

そこで今回は改修用ドレンを使用します。既存ドレンの内部に一回り小さいドレンを差し込むことで、傷んだ部分をカバーし雨漏りを改善します。建築時は鉄製鋳物のドレンが使用されることが多い為経年劣化で錆びてしまいますが、改修用ドレンは鉛と強化ホースで出来ている為雨水による劣化を防ぐことが出来ます。構造を傷める心配もない為安く早く補修することが出来ます。既存ドレンの口径よりも仕上がりが小さくなりますので、補修前時点で排水が間に合っていない場合は改修用ドレンが使用できませんので前もって確認しておかなければなりません。

改修用ドレン設置完了

更に注意しなければならないのは改修用ドレンの設置後です。せっかく新たなドレンを取り付けたのに下地とドレンの間に隙間があっては雨水が入り込むので全く意味がありません。鉛は叩いて下地との隙間を無くし、シーリング材で雨水の浸入を防ぎます。傾斜がほとんどない陸屋根にはわずかな段差も許されません。設置時点でドレンの方が高く仕上がる場合は下地を斫る必要もある為、施工費用・補修方法は無料点検を行った上で判断させていただきます。

今回行った工事は応急措置に過ぎません

内部の状態
笠木シーリング材

改修用ドレンを設置したからといってメンテナンスが必要ないという訳ではありません。上述した通り排水ドレン設置後は口径が小さくなりますので、落ち葉も土も一層溜まりやすくなります。ゴミが詰まると同じトラブルを繰り返してしまいますので、数か月に1回は清掃を行いましょう。

同時に笠木補修も行いました。綺麗に仕上がるようマスキングテープで養生しシーリング材を打設、養生を取り除き防水工事は完了です。ガルバリウム鋼板に色褪せや錆が見られる場合は、塗装を行うと尚良いのですが一先ず外壁材の腐食・雨漏りを回避することが出来ました。

今回使用したシーリング材の耐用年数は5年前後と短くあくまで最低限の雨漏り補修に過ぎませんので、数年以内にシート防水全体のメンテナンス・笠木塗装を検討していきましょう。雨漏りの原因が分からない、一時的にでも雨漏りを止めたい、施工費用を教えてほしい等お悩みがございましたらお気軽に街の外壁塗装やさんへご相談ください、お待ちしております。

街の外壁塗装やさん
千葉中央店

街の外壁塗装やさん千葉中央店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒292-0804
千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区のベランダ防水|防水層の特徴と雨漏り時の下地確認

千葉市花見川区の築30年住宅で、ベランダ防水からの雨漏り補修依頼を承りました。 ベランダを良く見ると、屋根や外壁の様に塗料が塗られていることがわかりますよね? では塗装工事で同時に補修できるのか?同時に補修することは可能ですが、塗装工事では… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千葉市花見川区のベランダ防水|絶縁工法(通気緩衝工法)って何?

千葉市花見川区のベランダ防水工事です。 雨漏りによって腐食していたため、今回は下地の補修から行い、絶縁工法を用いてウレタン塗膜防水を行っていきます。 改修の際にこの工法を行うことが多いのですが、実際にどのような工事なのか、施工することのメリ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 船橋市|バルコニー防水の劣化状況と他に注意する点は?

外壁塗装点検のご依頼を頂いたのは、船橋市の2階建てモルタル外壁のお住まいです。 今回はバルコニー防水の劣化状況の確認と、防水を行わないまま放置した際の雨漏りのリスク、防水以外のバルコニーの注意したい点をご紹介したいと思います。 バルコニーか… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に