千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

富里市根木名にて軒天増し張り・破風板板金カバーに合わせ屋根塗装工事を実施


 富里市根木名にお住まいのO様より、「軒天と破風板の補修をお願いしたい」とご相談をいただきました。軒天と破風板は住宅の付帯部に分類される部位ですが、どちらも高所の場合は足場仮設工事が欠かせません。その為屋根や外壁の様子を見て必要に応じたメンテナンスを同時に行うことがオススメです。私たち街の外壁塗装やさんでは塗装だけでなく外装の補修等も承っております。今回は無料点検の結果に合わせ、長期的に無駄のない補修方法をご提案させていただきました。

ビフォーアフター

before
屋根塗装前の様子
arow
arow
after
水性シリコンベスト,トリノブラウン

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 
使用材料
水性シリコンベスト(トリノブラウン)
施工期間
2週間
保証年数
10年

点検の様子

富里市根木名のお住まい
化粧スレート

 調査にお伺いさせて頂いたのは富里市根木名の2階建て住宅です。棟違いとなった切妻屋根に合わせ下屋、外壁の色から洋風なイメージを感じるお住まいです。屋根材は化粧スレート、外壁は窯業系サイディングですが、屋根材に関しては塗膜の劣化に伴い苔の繁殖がみられました。

塗膜剥がれが気になる破風板

破風の塗膜剥がれ

 今回修繕をご検討されたきっかけでもある破風板です。破風板は鼻隠しとつながるように取り付けられていますが、雨樋が設置されている部分を鼻隠し、取り付けられていない場所が破風板となります。現在は劣化しにくい樹脂製や金属製を使用することの多い破風板ですが、以前は木材が主流でした。ただ木材は何度塗り直しても塗膜が剥がれやすい傾向があるため、今回のように塗膜が剥がれ素地が露出してしまっているお住まいは多いのではないでしょうか?

 

 ちなみに塗膜がこのようにペリペリと剥がれている場合は、造膜型の塗料を使用しています。ウッドデッキ等に使用されることの多い浸透型塗料は剥がれることはありませんが、劣化は比較的早いですので、どちらの塗料を使用するかはしっかり検討していきましょう。

軒天の剥がれ
軒天の剥がれ

 軒天は外壁よりも外側に出ている屋根材の裏に設置されるボード部分です。多くのお住まいが白系の色ではないでしょうか?妻壁と呼ばれる三角部分の軒天も白いボードが貼られていますが、経年により表面が剥がれてしまっているようです。こちらも現在は耐久性に優れた石膏やフレキシブルボードを使用することが多いのですが、ベニヤや合板というお住まいも少なくないかと思います。

 軒天自体は屋根の裏側ですので雨水に触れる機会は少ないのですが、湿気が劣化を促す恐れがあります。また強風が吹き上げることでボードが剥がれ落下してしまう事故も発生してしまいます。軒天は元来、住宅構造を隠すために設置されていますが、小屋裏と直結しています。

軒天が剥がれることで鳥や小動物が入り込み棲家にしてしまうこともありますので、早急に補修しておく必要があります。表面が少しでも剥がれていれば塗装で改善できませんので、増し張りや張替を行いましょう。

サイディング目地の劣化
塗膜剥がれ

 補修をご希望されている軒天と破風板はお住まいの形状、高さをみても足場仮設を行わなければ補修ができません。予算が許す限りはこの機会に屋根と外壁の塗装工事を行うべきです。外壁は若干の色あせや塗膜剥がれがあるものの、目地の劣化等がそれほどみられない為今回は見送っても問題ありません。ただし屋根はしばらくメンテナンスされていないという事でしたので、今回を機に屋根塗装メンテナンスを行っていこうと思います。

ご提案内容

 今回作成させていただいたお見積りは以下です。高所作業の際には足場が欠かせませんが、工事後に残るものでないのに10~20万円ほどはかかってしまいます。だからこそメンテナンスは一度にまとめたほうがお得なのです。

 また屋根塗装も合わせて行いますが、どちらかというと軒天・破風板の修繕に費用が掛かっています。破風板は塗装で保護することも可能ですが、今後も塗膜剥がれを起こす可能性があることから今回はガルバリウム板金でのカバー工事を行います。工事の様子は後程ご紹介しますが、錆びにくく高耐久な板金で包むことで木材の劣化も防ぎ、今後のメンテナンスサイクルを延ばすこともできます。

品番・品目 数量 単位 単価 金額 備考
足場仮設工事         144,000
足場仮設 170.0 700 119,000  
メッシュシート 1   25,000  
屋根塗装工事         184,580
 高圧洗浄(90~120圧)  1  式    20,000  
 タスペーサー  63.3  ㎡  350  22,155  
 下塗り  63.3  ㎡  450 28,485   シーラー
 中塗り~上塗り  63,3  ㎡  1,800  113,940  シリコンベスト
外装工事         337,700
 破風板板金巻 22.2  ㎡  5,000  111,000  
 破風板補修 1  式    7,500  
 新規軒天  21  枚  800 16,800  ケイカル板
 副資材  1  カショ    50,000  垂木材・ボンド等
 軒天補修工事  3  人工  28,000  84,000  
 発生廃材処分費  1  式   20,000  
 新規棟板金  8.8  m 4,500  39,600  SUSビス
 新規貫板  8.8  m 1,000  8,800  木材
軒天塗装工事          90,000
軒天(2回塗り)  1  式    90,000  ケンエース
           
           
           
           

 

初回訪問時のアンケート

屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
軒天の破損
業者や工事会社をどのように探しましたか?
ネット
当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
直ぐに連絡
何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
広告から身近に感じた
実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?親切でていねいな方でした
親切でていねいな方でした

工事開始前の確認

モスグリーン
コーヒーブラウン

 今回屋根塗装を行うにあたり仕上がりの色をお選びいただきました。外壁に近いグリーン系、グリーンの外壁に近いブラウンかでお悩みでしたので、実際に施工を行った完成写真等を見ていただき色を決めていただくことになりました。塗料によって艶や発色、微妙な違いもありますのでグリーンやブラウンと一言で言っても選択肢はたくさんです。

こちらも日の当たり方や天候で色の感じ方が違いますのであくまで参考にしかなりませんが、今回はトリノブラウンを使用することといたしました。

施工の様子~竣工まで

足場仮設工事
スレート屋根

 まずは足場仮設です。着工したのは2月ですので雪がちらついていた時期でした。寒い中、単管を滑り落とさないよう慎重に作業を進めていきます。足場は外壁より80㎝程離れた場所に立てていくのですが、カーポートや樹木など設置場所にちょうどかかるようなものがあれば撤去することがあります。今回カーポートは住宅から少し離れていましたので撤去はせず、仮設工事を進めることが出来ました。

 屋根の様子です。雪が少し積もっていましたので滑らないよう気を付けます。この程度の雪であれば特に問題有りませんが、異常気象の多い現在は多雪対策に雪止めを検討しておくべきでしょう。化粧スレートであれば後付け雪止めも可能ですが、金属屋根材やアスファルトシングルは後付け雪止めが設置できないケースが多い為、施工時点でどうするべきかを決めておきましょう。

棟板金の浮き確認

 スレート屋根材では頂部を保護できない為、棟板金を取り付けています。棟板金は貫板と呼ばれる下地木材を屋根面に取り付け、貫板を下地に棟板金を固定する構造です。が、風で板金が揺れたり経年で貫板が腐食することで固定が出来ず、強風時に一気に飛散してしまうこともあります。そうならないように定期的なチェックを行う必要があるのですが、釘が浮いていたり今回のように指が入るような隙間がある場合は、既に貫板が傷んでいる可能性が高い為交換で対応しましょう。

 

交換時には下地貫板と板金合わせて取り替えますので、今後10年近くは飛散のリスクも下がります。また木材の貫板が強度的に心配という方は、プラスチック樹脂製の貫板に変更することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

メッシュシートの設置
苔やカビの確認

 作業開始前の状態です。屋根塗装時には高圧洗浄を行いますので、必ず飛散防止用のメッシュシートを取り付けます。

 化粧スレートは築年数の経過で苔やカビが付着していました。こうなるのは新築時、もしくは塗装メンテナンス後の塗膜が劣化したことで起こります。苔や藻が付着するということは屋根材が吸水しているという事ですので、このまま放置すれば屋根材の劣化はどんどん進行してしまいます。また吸水・乾燥を繰り返すことで屋根材自体も割れやすくなってしまいますので、傷む前のメンテナンスが非常に重要です。

苔や藻が屋根材を傷める原因に

屋根に付着した苔藻

 スレート屋根材の中でも小口と呼ばれる端部は特に傷みやすい部位です。実際に吸水によって藻が小口に繁殖してしまっています。これらは雨水の流れを妨げ滞留させ、常にじめじめとした状態にし続けます。陽の当たる南面であれば全く乾燥するのですが、北面だけ黒い雨染みがある、コケが緑色というお住まいも少なくないと思います。

高圧洗浄作業
屋根洗浄後の様子

 塗装を行う前にまずは苔や藻をしっかり洗い流していきます。家庭用の洗浄機よりも更に高い水圧で流すため、頑固にこびりついた汚れもしっかり綺麗に落ちます。洗浄が終了した後は屋根面が真っ白になっています。

 これは屋根材を保護していた旧塗膜も一気に削り落とされたことで屋根材の素地が出ているのです。屋根材を守るものが何もない為一番脆弱な状態ですが、これから下塗り・中塗り・上塗りの計3回塗りを行う事で屋根材を綺麗に強固に保護していきたいと思います。

タスペーサー
タスペーサー設置

 まずは化粧スレートに欠かせないタスペーサーの設置です。屋根材の小口に1枚あたり2か所差し込んでいきます。既にご存じの方も多いと思いますが、タスペーサーの役割は毛細管現象防止です。薄い形状のスレートは塗装によって屋根材間の隙間が埋められてしまいます。すると屋根材内部に雨水が滞留し、毛細管現象が起き雨漏りに発展してしまいます。そうならないよう皮スキ等で屋根材間の隙間を切る【縁切り】という作業を行うか、タスペーサーで【隙間を空けておく】必要があります。

 コストを考慮して縁切りを行う業者もいるとは思いますが、現在ほとんどの業者がタスペーサーを使用していると思います。塗りたての綺麗な屋根の上にまた上って作業を行えば、仕上がった屋根が汚れる可能性もありますし、縁切りで作った隙間が塞がらない保証はないからです

水性シリコンベスト
下塗り

 今回使用する屋根塗料は日本ペイントの水性シリコンベストⅡです。防藻・防カビ性に優れた化粧スレートの塗り替え用塗料で、対UV性・耐候性が強化されています。まずは水性シリコンベストⅡと相性の良い水性ベストシーラーで下塗りを行います。塗った部分は水で濡れたように濃くなるだけに見えますが、シーラーは屋根材と塗料の密着性を高める非常に大事な役割を担います。塗り残しが無いよう綺麗に塗りこんでいき、しっかり乾燥させます。

トリノブラウンでの中塗り
上塗り塗装

 続いて中塗り・上塗りで希望の色に着色していきます。仕上げ塗料の1層目だけでも綺麗に仕上がりますが、乾燥後は吸い込み等で色ムラが起きます。また塗膜の厚みも十分でない為、必ず2層目もまんべんなく塗っていきます。

屋根塗装工事完了

屋根塗装工事完了

 屋根塗装工事完了です。苔や藻が気になっていた状態から高圧洗浄ですっかり素地が露出していた屋根材ですが、塗装を行い艶を取り戻しました。今回使用した塗料はシリコングレードの塗料ですので次回の塗り替えは10年後です。この間ノーメンテナンスではありません。棟板金に浮きがみられないか、屋根材に割れが発生していないか等注意深く確認していきましょう。

剥がれた軒天
軒天増し張り工事

 続いては軒天です。表面が剥がれしわが生じてしまっていますので、増し張りか張替で軒天材を変更する必要があります。部分的な破損等であれば段差ができないよう部分張替を行いますが、全体のメンテナンスとして増し張り工事を選ばれる方は多いです。今回はベニヤからケイカル板へ変更するため増し張りを行います。

軒天増し張り工事
軒天塗装

 ケイ酸カルシウム板の略、ケイカル板は不燃材料で石膏ボードが苦手な水回りや半外部(水はかからないものの外気に触れるような場所)にも使用することが出来る材料です。住宅の延焼を防ぐ役割を持つ軒天にはまさに最適な材料ですが、そのままでは吸水してしまうため施工後に塗装で仕上げていきます。今回は外壁に近い色でしあげたいという想いから、色見本帳で確認して色を選定しました。もちろん塗装を行わない外壁に塗料が付着しないようマスキングテープで養生を行い液垂れがないよう慎重に仕上げていきます。

 

塗膜が剥がれた破風板
ガルバリウム鋼板の加工

 続いては破風板です。ガルバリウム鋼板製の板金を破風板の幅でカットし、加工をしていきます。もちろんこの段階で既存破風板自体が腐食していれば固定すらできませんので、あらかじめ補修は必要ですが、一度カバー工事を行えば長期にわたって色あせ・腐蝕のない状態を維持することができます。

破風板板金カバー
鼻隠し部分は未対応

 屋根とのわずかな隙間から雨水が入り込むことが無いよう加工した板金を取り付けしっかり固定していきます。冒頭で破風板と鼻隠しがつながっているとお話しさせていただきましたが、板金カバーの際には注意が必要です。鼻隠しには雨樋がついていますので、板金カバーを施工するにあたって雨樋と金具は外さなければならず工事費用も嵩んでしまうからです。そこで今回は特に塗膜剥がれが目立つ破風板のみ板金カバーを行い工事は完了です。色も鼻隠しと違いが出ないようブラウンで統一して仕上げました。

破風板板金カバー工事完了

破風板金カバー工事完了

工事後のご感想

 工事を行うにあたって、軒天や破風板の補修のみを行ってくれる業者がいるのか不安を感じられたそうです。またそれに伴い支払い方法に融通が利くのか等、気になる事が多くあったようです。私たち街の外壁塗装やさんはどんなに軽微な補修工事も承っております。また屋根工事等は突発的に必要になる事もあるため、費用を賄えないというケースもございます。その場合はリフォームローンのご提案もさせて頂きますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

お客様との記念写真

 今回普段手がかけられない屋根や軒天、破風板の補修を行ったことでしばらく補修の心配もなくなりました。今後は定期点検に合わせてお伺いいたしますので、気になる事・不安点等ございましたらお気軽にご相談ください。

before abc 富里市根木名のメンテナンス前
after 屋根塗装と破風補修工事

工事完了後のアンケート

工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
近くに軒天補修の行う業者は存在するのかです
当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
支払方法です。最初に見積依頼をした業者さんの場合、工事前に工事料金の半額を支払うよう求められました。シェアテックさんの場合は、足場を組んだ時点で一時金はいくらでも良いとの事から依頼をしました。
お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
すぐに工事を依頼しました。
数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
見積り方法のていねいさです。私の知る他の業者さんの場合、外観の目視で工事内容の説明がありますが、シェアテックさんの場合は実際に屋根に上がり、写真・計測を行い、写真を元に状況の説明をしていただきました。
工事が終わってみていたがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
各作業工程が終了すると、必ず確認を行い、写真をとり、問題があれば修正を行うと、工事に対する責任感が非常に高いと感じました。この事から私は団地の所有する建物の工事を引き続き依頼しました。

街の外壁塗装やさん
千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒292-0804
千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE

街の外壁塗装やさん千葉本店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 館山市国分にて屋根メンテナンスの調査、塗膜が劣化し苔が繁殖した化粧スレートにファインパーフェクトベストによる塗装工事をご提案

 本日は館山市国分にて行いました、屋根メンテナンス調査の模様をお伝えします。今回ご紹介いたしますお客様は、今年で築25年になるお住まいで、屋根の汚れや傷みがひどくなってきたのでメンテナンスを行いたい、とのご相談でした。まだ雨漏りなどの症状が… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 茂原市東部台にてスレート屋根の調査、塗膜劣化して苔に覆われたスレート屋根にファインパーフェクトベストによる屋根塗装工事をご提案

 本日は茂原市東部台にお住まいのお客様より承りました、屋根メンテナンス調査の模様をお伝えします。今回ご紹介しますお客様のお住まいは、今年で築19年になるそうで、屋根の劣化具合が気になり、塗装メンテナンスをご検討されたそうです。現在、具体的に… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 東金市極楽寺にて瓦屋根の劣化についてご相談を頂き調査を実施、屋根塗装をご提案しました

 東金市極楽寺にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「瓦屋根の色が劣化してしまっているので調査して頂きたい」とのことでしたので調査にお伺いします。瓦屋根でも種類によっては塗装によるメンテナンスが必要になります。  … 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に