千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒299-0261

千葉県袖ケ浦市福王台2-21-11 セントラルビル1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

サイディング外壁と窓枠接合部にクラック|君津市


君津市の外壁がサイディング材のお客様邸から「シーリング材にクラック(ひび割れ)があるので調査してほしい」とご相談をいただき、調査にお伺いしました。シーリング材は窯業系サイディングボードの継ぎ目にに充填されていて、大変重要な役割をしています。外壁内外への水分の浸入を防ぎ、地震時などの揺れの際には、サイディングボード同士の干渉を防ぎ、破損をさせないよう緩衝材の役割をしています。

シーリング材
シーリング材

シーリング材に目立った傷みは無く、外壁も塗膜の劣化によって起こるチョーキング現象の発生もありません。一般的に、外壁の塗装は築10年程度で塗り直し時期と言われていますが、大抵は塗り直すタイミングでシーリング工事を行う事が多いです。

外壁
外壁

但し、こちらの写真のように外壁が綺麗な場合でも思わぬ場所で傷みが発生している事があります。今回、お客様が最も心配されていた箇所です。

シーリング材

ご心配されていた通り、外壁の継目と比較すると傷みが酷いのが分かります。発生箇所は窓枠と外壁の接合部分です。最初の2枚の写真のように傷みが軽度のクラックの場合は、既存のシーリングの上から充填する増し打ち工事で補修可能ですが、重度(クラックに名刺が入ってしまう程の幅)の場合は、既存の傷んだシーリングを全て撤去し、新規のシーリングを充填する打ち替え工事を行う必要があります。幅の広いクラックは雨水が建物内部に浸入し、腐食に繋がる危険性があります。外壁の点検を行う時は、外壁よりも早く劣化が始まるシーリング材の確認も必ず行うようにすれば被害を未然に防げますので状態を把握しておくように心掛けましょう。外壁の事で何かお困りのお客様は街の外壁塗装やさんにご相談ください。調査・お見積もりは無料で行っています。フリーダイアル0120-948-355にてお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン サイディング外壁の取合い部分に傷み|木更津市

木更津市のお客様邸にて、お住まいが、築11年になり外壁塗装を検討しているという事で外壁の調査にお伺いしました。外壁には、多少のチョーキング現象が見られましたが、お客様が定期的に洗浄などのお手入れをしているという事もあり、苔や汚れも見られませ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 柱や梁など構造材を伝い、窓枠から雨漏り発生|木更津市

木更津市のお客様邸へ雨漏りの調査にお伺いしました。お客様邸は2階建てで、1階・2階の窓枠のサッシから雨漏りが発生するということです。通常、雨水は建物の上部などから浸入した場合、柱や梁などの構造材を伝って基礎がある下部へと流れていきます。柱だ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン シーリングの密着性を高めるプライマー|君津市

君津市にて窓枠から雨漏りが発生しているとお客様からご相談がありました。調査した結果、シーリングの打ち替えを行うことになりました。以前にも雨漏りがあり、その時、工事した業者はシーリングの増し打ちを行ったようです。写真の通り、シーリングが盛って… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に