千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

鴨川市江見吉浦にてヤネフレッシュSiとパーフェクトトップでご実家の屋根外壁塗装!


 「鴨川市江見吉浦にある実家の屋根・外壁塗装を検討している」とのご相談を頂きました。築20年が経過し、一度も建物のメンテナンスを行った事が無く、今回、塗装を検討されたそうです。
 点検では、塩害による劣化症状も見られました。塩害を完全に防ぐことはできませんが、被害を最小限に抑えることは可能です。お住まいが劣化する前に、対策を行いましょう(塩害対策について)。初めての塗装工事を終え、築年数を感じさせないツートンカラーの邸宅になりましたので、その様子をご覧ください。

ビフォーアフター

before
屋根外壁塗装前
arow
arow
after
屋根外壁塗装後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 
使用材料
ヤネフレッシュSi(RC-110)、パーフェクトトップ(1階:H07-20H、2階:H05-70B)、ケンエースG-Ⅱ
築年数
20年
保証年数
屋根外壁8年 付帯部3年

点検の様子

幕板の剥がれ
軒天に一部、剥がれが見られます

  お問い合わせ後、まずは調査へお伺いしました。写真のような、外壁に合わせて横長に取り付けられている木材を幕板と言います。幕板には、木材が使用されており、塗料に剥がれが見られました。これでは、雨水により腐食してしまいますので、塗装しましょう。
 大屋根の軒天が一部、剥がれてしまっています。湿気が籠りやすく汚れやすい軒天は、塗装メンテナンスが必要です。破損箇所を張替えてから塗装します。

チョーキング現象とピンホールが目立つ外壁
目地のシーリング材にひび割れが発生
 窯業系サイディング外壁の様子です。白色の外壁は一見、綺麗に見えますが、触れてみると、手には白い粉が付着しました。このような症状はチョーキング現象と呼ばれ、塗膜が寿命を迎えているサインです。外壁塗装の目安にしましょう。
 目地に充填されたシーリング材には、ひび割れが発生していました。それほど酷い状態ではありませんが、症状が軽いうちに打ち替え・増し打ちを行いましょう。
 また、写真では分かりにくいのですが、外壁に針で刺したような小さな穴が開いていました。これは、ピンホール(気泡)と呼ばれ、施工完了後の塗膜に発生するものです。「塗料が乾ききる前に重ね塗りをしてしまった」「下地調整が不十分だった」「塗料の希釈率が適切ではなかった」などの様々な原因が考えられます。建物の美観を損ねてしまうだけではなく、雨水が浸入し、建材を傷めてしまう恐れや、シロアリの原因になりかねません。見つけた場合には信頼のできる業者に相談しましょう。
雨戸 色褪せ
色褪せた雨戸
 日差しが照り続ける雨戸には、色褪せが見られました。海沿いのお住まいですので、塩害により、尚更劣化が進んでいるようです。塩害を受けやすい地域にお住まいの方は、屋根や外壁の劣化に悩まれることも多いのではないでしょうか。塩害による錆びや劣化を抑える対策方法もありますので、お気軽にご相談ください。
 雨戸の腐食状態によっては、交換する必要も出てきますが、今回はそれほど酷い状態ではありませんので、塗装でメンテナンスが可能です。
塗膜が劣化したスレート
塗膜の撥水機能が低下し、藻が繁殖したスレート
 屋根にのぼり、スレートの状態を確認しました。経年により塗膜が無くなり、藻が繁殖しています。雨水を吸収しやすい状態ですので、塗装によって表面を保護しましょう。スレートに発生した藻は、屋根の美観を損ねるだけではなく、水分を停滞させ、浮きや反りを引き起こす原因にもなります。放置せず、早めにメンテナンスを検討しましょう。

屋根塗装

マイルドシーラー
マイルドシーラーで下塗り
 足場を仮設し、塗料や汚れ飛散用のメッシュシートを取り付けます。その後、屋根・外壁の表面に付着した汚れと古い塗膜を高圧洗浄で洗い流します。
 充分に乾燥させたスレート屋根の塗装を行っていきます。まずは下塗りです。下塗りには、エスケー化研のマイルドシーラーEPOを使用しました。透明タイプの下塗り材です。­浸透・固着性が高く、下地の補強効果に優れています。
タスペーサー設置
ヤネフレッシュSi

 下塗り後、タスペーサーを使用して縁切り作業を行っていきます。縁切りは、スレートの重なり部分に隙間を確保する作業です。上塗り塗料を塗装後、カッターや皮スキで切っていく方法もありますが、私たち街の外壁塗装やさんではタスペーサーを使用しております。タスペーサーを使用する場合と手作業で切っていく場合とでは、順番が異なります。
 縁切りを終えましたら、いよいよ塗装です。屋根塗装には、ヤネフレッシュSiを使用します。

ヤネフレッシュSiで中塗り
ヤネフレッシュSiで上塗り
 中塗り・上塗りの順に塗装していきます。ヤネフレッシュSiは、優れた隠ぺい性や密着性、耐久性を発揮するシリコン樹脂塗料です。全24色の中からお客様は、RC-110(スレートブラック)をお選びになりました。上品でシックな色ですよね!

目地のシーリング補修

既存シーリング撤去
プライマー塗布
 続いて外壁の作業に移ります。まずは、目地のシーリング補修です。カッターで目地の両端に切れ目を入れ、既存のシーリング材を剥がします。その後、シーリング材の密着度を高める為にプライマー(下塗り剤)を塗布していきます。プライマーの塗りが不足していたり、ムラになると、後に不具合が生じてしまいますので、丁寧に行っていきます。
シーリング充填
充填したシーリング材をヘラで均す
 プライマー塗布後、シーリング材を充填していきます。充填したシーリング材がしっかりと密着するよう、ヘラで平らに均します。ある程度乾燥してきましたら、マスキングテープを剥がし、シーリング打ち替え完了です。サッシ廻りは、打ち替えてしまうと、雨漏りのリスクが高まりますので、増し打ち(既存のシーリングを撤去せず、上から充填する工法)を行いました。

外壁塗装

外壁 下塗り
パーフェクトトップ
 外壁塗装に移ります。屋根の塗装と同様、下塗りから行っていきます。下塗りには、パーフェクトサーフを使用しました。パーフェクトサーフは、窯業系サイディング外壁の塗り替えに最適な下塗り材です。下地の隠ぺい性に優れていますので、濃色から淡色へ塗替える場合でも、綺麗な発色が期待できます。きめが細かい為、上塗りの吸い込みも少なく、綺麗に仕上がります。
 下塗り後乾燥後は、ラジカル制御塗料のパーフェクトトップで中塗りと上塗りを行っていきます。紫外線によるダメージや色褪せを抑制し、長期に渡り美観を維持することができます。費用と耐用年数のバランスが良く、コストパフォーマンスに優れていますので、非常に人気のある塗料です。
1F外壁塗装 中塗り
2F外壁塗装 中塗り
 1階と2階で色を塗り分けます。1階部分はH07-20H(赤茶)、2階の外壁はH05-70B(グレー)で塗装しました。中塗り・上塗りの順にムラなく、丁寧に仕上げていきます。
 パーフェクトトップは、艶消し・3分艶・5分艶・艶有から選択することができます。お客様は、塗料の光沢があまり好きではないとの事で、艶消しをお選びになりました。

軒天補修・塗装

剥がれた軒天の補修
軒天張替え
 剥がれた軒天は、新しいものに交換しました。これで、下地の木材が腐食する心配も無くなりました!張替え後は、塗装を行っていきます。
ケンエースG-Ⅱ
軒天塗装完了
 軒天の塗装には、ケンエースG-Ⅱを使用しました。ヤニ・しみ止め効果をもち、耐水性・耐アルカリ性に優れています。湿気が多く、カビが繁殖しやすい部分や、結露によってシミができる部分への塗装も可能です。まさに、軒天の塗装にも最適と言えますね!

付帯部塗装

木部 幕板 下塗り
破風板 木部 下塗り
 幕板の下塗りと、破風板のつなぎ目補修を行いました。木部は、傷んでいると塗料を吸いこんでしまう為、下地調整が重要になってきます。丁寧に行うことで、仕上がりも綺麗になります。
雨樋塗装
雨戸塗装
 ファインSiのブラックで付帯部を塗装していきます。雨樋や雨戸といった部分は、塗料が密着しにくい部分ですので、塗装する前にヤスリで表面を磨きます。雨戸はムラになりやすい為、吹き付け塗装を行いました。色褪せが解消され、美しい光沢が蘇りました!

工事を終えて

屋根・外壁塗装を終えて素敵なツートンカラーの邸宅になりました

 築20年、初めてのメンテナンスが竣工となりました。塩害による色褪せや劣化症状が解消され、築年数を感じさせないツートンカラーの邸宅になりました。1階の赤茶と2階のグレーがとてもマッチしていて、落ち着いた雰囲気が素敵です!
 お客様邸のように、ツートンカラーでの塗装を検討している方も是非、ご相談ください。お客様のご希望に近い色をご提案致します!現在は、新型コロナウィルス対策を講じて、点検・工事を行っておりますのでご安心ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 千葉市緑区にて外壁のシーリング材の劣化、塗膜も剥がれていますので外壁塗装工事をご提案

 千葉市緑区にて行った外壁調査の様子をご紹介致します。「外壁の継目がひび割れているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 夷隅郡大多喜町船子にて外壁調査、経年劣化でクラックが多数発生したモルタル外壁にエラストコートによる塗装工事をご提案

 本日は夷隅郡大多喜町船子のお客様より承りました、外壁メンテナンスの調査の模様をお届けいたします。今回のお客様は今年で築18年目になるお住まいですが、これまで外壁の塗装メンテナンスは一度も行っていないと伺いました。築15年を過ぎたあたりから… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 印旛郡酒々井町酒々井にて外壁塗装を検討中のお客様よりご相談、パーフェクトトップを使用した外壁塗装をご提案

 今回は印旛郡酒々井町酒々井にお住いのお客様よりご相談を頂きました。「外壁の汚れが目立つようになってきたので外壁塗装を検討している。使用する塗料についても色々とお聞きしたい」とのことでしたのでまずは現地調査にお伺いし状況の確認を行います。 … 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に