千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

茂原市小林にて外壁の経年劣化を外壁塗装で解消、パーフェクトトップND-376とND-155を使用しツートンに仕上げました


 今回は茂原市小林にお住いのお客様より外壁についてのご相談を頂きましたので調査にお伺いしました。ご相談いただきました内容の詳細としましては、「経年劣化により外壁の色褪せと苔がかなり気になるようになってきたので外壁塗装を検討している」とのことでしたので現地調査にお伺いし状況を確認しました。
 外壁の状態としては全体的に色褪せが発生してしまっており、所々で苔が見られます。苔が発生しやすい家の裏側に回り、外壁の状態を確認すると外壁にコケがかなり発生してしまっていました。日の当たりにくい面は湿気が多く、苔が発生しやすいのでコケが目立ってしまいます。調査にお伺いした日はあいにくの雨でした。よく見ていると雨樋が詰まってしまい水がうまく排水されずに雨樋から落ちてきてしまっていました。そのことによりまとめて落ちてくる雨水が地面に当たり跳ね返ることによって外壁をさらに汚してしまっていました。
 お客様に状況をご説明し、外壁塗装工事をご提案させていただきました。外壁塗装工事をご提案するにあたり使用する塗料と塗装する色についてご説明し、塗装する色についてはカラーシミュレーションを作成することとなりました。塗料は日本ペイントのパーフェクトトップを使用し、塗装の色に関しましては作成したカラーシミュレーションをご覧いただき、1階:ND-376・2階:ND-155のツートンで塗装することとなりました。

ビフォーアフター

before
外壁塗装before
arow
arow
after
外壁塗装After

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 
使用材料
外壁:パーフェクトトップ
1階:ND-376
2階:ND-155
築年数
築30年
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明 
施工期間
10日間
保証年数
外壁:10年 付帯部:3年

経年劣化による外壁の色褪せと苔について調査します

 茂原市小林にお住いのお客様よりご相談を頂きましたので調査にお伺いしました。ご相談いただいた内容としましては「経年劣化により外壁全体が色褪せてしまっている。その他にも所々でが発生してしまっているので外壁塗装をしたほうが良いのか悩んでいる。一度調査して頂き色々と相談させていただきたい」とのことでした。
 外壁塗装は新築で家を建ててから10年ごとに行うことで建物をきれいに保ち、腐食などからも守ることができます。その為、台風などによる被害を受けてしまったりしなければ住宅のメンテナンスとして外壁塗装が初めてのメンテナンス工事となることも多いと思います。お問い合わせから工事完了までの流れはこちらで詳しく説明しておりますので是非ご覧ください。

外壁北面のコケ

 まずは現地調査を行います。現地調査や工事でお客様のご自宅へお伺いする際、私たち街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス対策としてマスクを必ず着用し、ソーシャルディスタンスを保つなどの対策を行い感染拡大防止に努めております。
 お客様のご自宅へお伺いし調査を行ったところまず、全体的な印象としては外壁全体が色褪せてしまっているような印象を受け、所々で苔が発生してしまっておりましたので塗装によるメンテナンスが必要な状態であることを確認しました。

外壁の状態
外壁のコケ

 次に外壁を一周し細かな部分を見ていきます。外壁の裏側は日が当たりにくく湿気が多いため正面の外壁と比べると苔が多く発生してしまっていることが多くありますので裏側に回ります。外壁の裏側を見てみると外壁の苔と汚れがかなりついてしまっていました。通常であればここまで外壁が汚れてしまうことはあまりありません。外壁が汚れてしまっている原因を見ていきます。
 調査にお伺いした日は雨が降っており、一か所だけ雨が集中して落ちてきている部分がありましたので見上げると、雨樋が詰まってしまっているのが見えました。お客様のご自宅の隣は木々が生い茂っておりましたので落ち葉などが雨樋を詰まらせてしまったのでしょう。雨樋が詰まってしまった事により雨水がしっかりと排水されずにこぼれ落ち、その雨水が地面に当たり跳ね返ることで外壁を汚してしまったと思われます。

破風板の劣化
破風板 説明

 その他にも外壁塗装の際は付帯部といわれる部分も塗装します。その中でも破風板と呼ばれるの塗装が劣化し剥がれてきてしまっています。破風板は右上の写真でオレンジ色に囲ってある部分のことをさします。この部分は木材を使用しておりますので塗膜が劣化し水を吸収するようになってしまうと木材が腐食してしまいますので早めに保護することをお勧めします。

 

外壁塗装のカラーシミュレーションを作成

 調査が終了しましたのでお客様に状況をご説明し外壁塗装工事をご提案させていただきました。外壁塗装の際は大きく分けて2つのことを決めます。1つ目は使用する塗料。2つ目は塗装する際の色です。お客様とご相談したところ塗料と色に関してあまりこだわりがないとのことでしたので塗料は街の外壁塗装やさんでの使用実績の多い日本ペイントのパーフェクトトップをお勧めし、色に関しましてはカラーシミュレーションを作成することとなりました。

カラーシミュレーション 元画像

 カラーシミュレーションを作成する際はご自宅の全体写真を撮影させていただき、ご希望の色に合わせてカラーシミュレーションを作成します。今回のお客様は色にあまりこだわりがなく、同じような色での塗装を検討しておりましたがせっかくの外壁塗装ですので別パターンのカラーシミュレーションも作成させていただくこととなりました。

カラーシミュレーション②
カラーシミュレーション①

 カラーシミュレーションを2種類作成し、お客様にお渡ししました。まずはお客様ご希望の現在の色と同じような色で作成しました。調査でお伺いした際は経年劣化により少し色褪せてしまっておりましたので少し濃いめの色(72-60H)で1つ目のカラーシミュレーションを作成しました。
 2つ目は現在の色とは大きく変わりますが、お客様のご自宅は1階と2階の間に幕板があり、その他にもベランダ上の部分にも幕板が入っておりましたので幕板を生かし、1階部分(ND-376)2階部分(ND-155)のツートンカラーで幕板はアクセントとして(ND-255)を使用したのカラーシミュレーションを作成しました。
 お客様にカラーシミュレーションを提出したところ2パターン目のツートンカラーを気に入ってくださり、この色で外壁塗装工事を行うこととなりました。

外壁塗装工事を実施

 それでは外壁塗装工事を行います。外壁塗装工事を行うにあたりまずは下地処理から行っていきます。最初に外壁の下地処理として高圧洗浄機を使用して外壁を洗浄します。付帯部に関してはケレンを手作業で行っていきます。どちらも丁寧に下地処理を進めていきます。下地処理は塗装を行う前に必ず行わなくてはならない重要な作業です。この作業を怠ると塗装本来の性能を発揮できずに塗膜剥がれなどに繋がってしまいます。

下地処理 高圧洗浄
鼻隠しケレン作業

 下地処理が完了しましたら塗装を行っていきますが、高圧洗浄機を使用して下地処理をしておりますのでしっかりと乾燥させてから塗装を行います。塗装工事はこのように乾燥時間などをしっかりと設けなければなりませんので他の工事と比べて工事期間が長くなってしまいます。

鼻隠し塗装
軒天塗装

 下地処理をした付帯部を塗装していきます。付帯部に関しましてはND-010を使用しました。細かい部分は刷毛を使用して塗り、その他の部分はローラーを使用して塗装していきます。

金属部ケレン
ベランダ手すり 塗装

 ベランダの手すりも下地処理をして塗装していきます。金属部分は雨水が染みてしまうことはありませんが塗装を行うことで錆を防ぎます。金属が錆びてしまうと弱くなり、穴が開いてしまう危険性が高くなります。穴が開いてしまえば雨水が侵入し雨漏りの発生や内部を腐食させてしまいますので金属部分は錆が発生する前に塗装を行い、保護しましょう。

使用した塗料
外壁の下塗り

 それでは外壁の塗装を行っていきます。今回外壁塗装に使用したのは日本ペイントのパーフェクトトップを使用しました。外壁塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行います。中塗りと上塗りにはパーフェクトトップを使用し、下塗りにはパーフェクトサーフを使用します。一番右にあるファインSiは付帯部の塗料として使用しております。
 下塗りに使用したパーフェクトサーフには旧塗膜とメインの塗料となるパーフェクトトップとの密着性を高める効果があります。

外壁中塗り
外壁上塗り

 下塗りが終わりましたので続いてパーフェクトトップを使用して中塗り・上塗りを行います。中塗りと上塗りで印象がかなり変わりますが外壁塗装の際は仮設足場にメッシュシートをかけているため、全体を見ることが出来ません。カラーシミュレーションで全体像をつかめてはいますが、実際に塗装が終わり全体を見るのはとても楽しみです。

雨戸 ケレン作業
シャッターボックス塗装

 最後に雨戸を塗装します。雨戸を塗装する際もケレン作業を行い、下地処理を行いますが雨戸の下地処理は注意が必要です。雨戸には星錆といわれる小さな突起した錆が発生していることがあります。この星錆には注意が必要です。星錆は突起しているため部分をケレンすると小さな穴が開いてしまう可能性があります。穴が開いてしまうと小さな穴とはいえ塗装では埋まりません。今回は星錆の発生はありませんでしたので綺麗に下地処理を行い、スプレーガンを使用して吹きつけ塗装を行います。

完工写真

 外壁塗装工事が完了し、足場を解体すれば無事に工事が竣工となります。足場を解体して全体を見るときれいに仕上がっており、お客様にも満足して頂けました。外壁塗装工事は外観をきれいにするだけでなくお住いの各部を雨水や汚れなどから守り、劣化を防いでくれます。メンテナンスとして劣化を防ぐためのものですのでおろそかにしてしまいがちですが、外壁塗装工事はとても重要です。
 外壁塗装などのメンテナンスは早めに行うことをお勧めしております。「まだメンテナンスの時期より早いけど、大丈夫かな??」などと心配な方はお気軽にご相談ください。点検とお見積りまで無料で行っております。もちろん今回作成したようなカラーシミュレーションも無料ですので外壁塗装を検討お考えの方は是非ご連絡ください。

街の外壁塗装やさん
千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒292-0804
千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE

街の外壁塗装やさん千葉本店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 夷隅郡御宿町新町にて外壁塗装工事の調査、塗膜が劣化しクラックが多数発生したモルタル外壁にエラストコートによる塗装工事をおすすめ

 本日は夷隅郡御宿町新町のお客様より承りました、外壁のメンテナンス調査の様子をお届けいたします。今年で築21年目になるというお客様は、外壁の傷みが目立つようになり外壁のメンテナンスを考えているとの事でご相談いただきました。早速調査にお伺いし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 習志野市実籾にて塗膜が剥がれて防水性が低下したサイディング外壁調査、外壁塗装工事をご提案

 習志野市実籾にて行ったサイディング外壁の調査の様子をご紹介致します。「外壁を触ったら塗料の粉のようなものが手に付いた。塗装をした方が良いのか点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。私たち街の外壁塗装やさんでは新… 続きを読む
new画像

ブログアイコン いすみ市大原にて外壁塗装の調査、チョーキング現象が出ているモルタル外壁にエラストコートによる外壁塗装工事をご提案

 今回はいすみ市大原にご在住のお客様より「外壁の塗装工事をお願いしたい」とご連絡をいただきました。築23年目を迎えるというお客様のお住まいは、今まで特に具体的に雨漏りなどの不具合が発生したという事はなく、大きなメンテナンスは行ってこなかった… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に