千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒299-0261

千葉県袖ケ浦市福王台2-21-11 セントラルビル1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  • > 外壁塗装の色の選び方1 総括編

外壁塗装の色の選び方1 総括編


失敗しない、後悔しないお住まいの色の選び方

 外壁塗装や屋根塗装、お住まいの塗り替えをご検討した際、「費用や価格」、「業者選び」の他、「どんな色にしようかな?」という色選びもとても重要なものではないでしょうか。これから先、外壁塗装後のお住まいを考えるのはとても楽しいものです。

しかし、「色選びに失敗したらどうしよう」、「我が家にはどんな色が似合うのだろう?」といった悩みや「イメージチェンジを選択するのは正解なのか」という不安が生まれてしまう場合もあります。 ご自分のイメージした色で失敗や後悔をしないよう、コツとポイントをご紹介いたします。

お住まいの塗り替えの色で悩む女性
色選びで失敗する理由のほとんどは目の錯覚です

 「イメージと違ってしまった」という原因は人間の目の特性によるものです。「錯覚」という目の特性を知っておけば、その失敗を確実に減らすことができます。

人間の目の特性 (1)
面積効果によって同じ明るさの同じ色でも明るく見えたり、
暗く見えたりします

 人間の目には同じ明るさの同じ色であっても、面積が小さい部分は暗く、広い部分は明るく見えるという性質があります。これは面積効果と呼ばれています。

実際に画像を見比べてみましょう。どちらが明るく見えるでしょうか?

 面積効果を知ってしまった後ではその知識から同じに見えるかもしれませんが、先入観がない状態では「大きな方が明るく見える」と答える方がほとんどなのです。

 実際に色を選んだり、見比べたりする時、小さい色見本を見て決めることがほとんどです。小さい色見本は縦・横、ともに数センチ程度しかありません。一方で外壁の面積はサンプルとは比較にならない大きさです。

同じ色でも面積によって色の見え方が違う}

 数百倍程度ではなく、一面であっても数千倍以上ということがほとんどです。サンプルよりも絶対に明るく見えます。サンプルでは一段階暗めの色を選ぶとその差が少なくなることも覚えておきましょう。

実際の塗装とサンプルの色との差

人間の目の特性(2)
明度対比による影響で、同じ色で塗装しても色合いが濃く見えたり、
明るく見えたりします

 ツートンなどで塗り分ける場合、隣接する外壁の色によってそれぞれの色合いが濃く見えたり、明るく見えたりします。明度対比と呼ばれる現象です。

 片方を落ち着いた色で塗った場合、隣接した外壁に鮮やかな色を塗りますと必要以上にヴィヴィッドに見えます。明るめの色を塗りますと、本来の色よりも明るすぎるように感じられます。

 片方が落ち着いた色の場合、隣接した部分に明るめの色をご希望する場合はワントーン暗めの色を選びましょう。
 片方が落ち着いた色の場合、隣接した部分に暗めの色をご希望する場合は必要以上に暗めに見えてしまうこともあるので、ワントーン明るめの色をお選びになってください。これで錯覚によるギャップが解消されます。

同じ色でも背景の明るさによって色の見え方が違う
実際のお住まいの外観での明度対比

 外壁の一部がタイル貼りというお住まいの方も多いのではないでしょうか。タイル部分は塗らず、他の部分を塗って素敵に仕上げたいという方も多いと思います。こういった場合も明度対比を意識することが重要です。
 塗る部分を無彩色(白~黒の色味がない色)やそれに近い色にする場合、タイルの色味を薄くした色を塗ったように見えたり、必要以上に明暗がついた状態になってしまうこともあります。

人間の目の特性(3)
物体の色は太陽光や照明の色によって左右される

 私たちは時間帯によって景色が一変することを知っています。顕著なのは夕刻で、夕焼けに染まった街並みは何もかもがオレンジ色に見えます。晴れている場合、昼間の空は青く、夕方は赤く見えるのはレイリー散乱が関係しています。

夕方の街並み
青く晴れ渡った昼間の街並み

 光は色を決める固有波長が障害物よりも大きいと通過しやすいという傾向があります。この傾向と現象はレイリー散乱と呼ばれます。
 日中は青色が空全体に拡散するため、空は青く見えます。夕方は太陽の角度が低くなるため、青色の光は障害物に衝突することが多くなるため、地表に到達しにくく、到達しやすい赤色やオレンジが観測されやすくなります。朝や夕方では正確な色は分からないのです。

春と秋に外壁塗装する人が多い?
冬と春の景色

 春から秋にかけては季節毎に違う花が咲きますし、紅葉もあります。それらの季節に較べて冬が殺風景に見えるのは無彩色が多くなってしまうからです。
 これは前述の明度対比という現象が関係しています。春と秋に外壁塗装する人が多いのもちょうど中間の風景を選んでいるという理由もあるようです。

街の外壁塗装やさんでは無料でカラーシミュレーションを行っています
後悔しないための色選びコンテンツはこちら
外壁塗装の色選びの基本お住まいに似合う色の選び方

景観と環境との調和を踏まえたものにしましょう

京都など一部の地域では景観条例によって色などが制限されています

 最近のお住まいはカラーバリエーションも増えました。デザインも、色も、本当に多種多様になりましたが、和風でも洋風でも和洋折衷でも周囲の環境や景観に調和する色彩となっています。
 原色や明るすぎる色、暗すぎる色は避けた方が無難です。最も見慣れている肌の色の明るさを基準にするのが適切です。

 お住まいの塗り替えになりますと、どうしてもご自宅だけに目を向けがちですが、両隣やご近隣のお住まいにも目を向けてください。街並みに調和する色が貴方のお住まいに似合う色である可能性も少なくないのです。

原色や明るすぎる色、暗すぎる色を避けるべき理由とは

(1)変な緊張感や威圧感を感じさせる

原色で塗られた外壁のお住まい

 お洒落な外観で目を引くケースと色によって目立つというケースは全く別物です。
 お洒落な建物は人々にシックやモダン、スタイリッシュといった好印象を与えますが、色のみで注目を集めている場合、単なる悪目立ちであることがほとんどです。店舗でも、一般的なお住まいでも控えるべきでしょう。

(2)汚れや色褪せが目立つ

汚れの目立つ色と目立たない色の外壁

 お住まいの外壁が汚れる原因にはさまざまなものがありますが、その汚れの色はいずれも中間色であることがほとんどです。砂や土埃は薄茶か茶、または黄土色です。

 苔、藻、カビも緑~薄茶です。白や黒といった無彩色を選ぶ場合、外壁はアイボリーやベージュ、グレーといった色にした方が汚れは目立ちません。

 原色はどんな色でも鮮明であるため、少しでも色褪せするとその感じが目立つようになります。落ち着いた中間色であれば、やはり色褪せなどの変色も目立ちにくくなります。

(3)統一された街並みは美しいということ

美しいヨーロッパの街並み

 美しい街並みが多いことで知られるヨーロッパ。その街並みを観察してみると、さまざまなことが分かります。まず、建物の色彩が統一されています。

 次に建物の大きさにも統一感があることも見て取れます。色彩と大きさが景色を完成させているのです。

 これらの景色は景観を守る法律によって調和が保たれている場合もあります。塗り替え後の貴方のお住まいは街並みの美しさの一部を担っているでしょうか。

色の組み合わせには相性があることを忘れないでください

 虹の色を赤から順番に並べていくと、赤→橙→黄→緑→青→藍→紫になります。これをさらに細かく分類して、環状に並べたものが色相環です。
 日本では日本色研配色体系(PCCS)の他、様々な種類の色相環が用いられており、国際的な指標であるマンセルシステムも一般的です。日本工業規格(JIS)にも採用されています。

マンセル色相環と補色の組み合わせ

 色相環で正反対に位置している色はそれぞれの補色(反対色)で、「赤」ならば「緑」が補色の関係になります。同じ明るさの反対色を隣り合わせると、派手でどぎつい組み合わせになってしまいます。
 人によっては目がチカチカしてしまうハレーションを起こすこともあります。一般的なお住まいでは敬遠される色の組み合わせ方ですが、目立つという意味ではとても優秀で、ハレーションや不快感を感じさせないように明るさや色味を調整したものが企業のロゴなどに使用されています。

 また、スポーティーなイメージもあるのでスポーツチームのユニフォーム、レースなどに使用される車体にもこのカラーリングが使われています。再度、繰り返しますが、一般的なお住まいには不向きです。

街の外壁塗装やさんでは無料でカラーシミュレーションを行っています
色彩ミニコラム 緯度によって美しく見える色は違う?
 赤道付近では太陽光がほぼ真っ直ぐ降り注ぎます。それに対して北極・南極付近では太陽光は拡散したものが届きます。

 地表に届く太陽光の違いによっても美しく見える色は違うようです。日本の南北で美しく見える花を較べてみましょう。

 日本の南端の沖縄ではハイビスカスやブーゲンビリアといった暖色系の鮮やかな原色の花が美しく見えます。
 それに対して北端の北海道はラベンダーやスズランやコスモスといった寒色系の控えめな色の花の美しさが有名で、観光資源にもなっています。

沖縄で美しく見える花・北海道で美しく見える花

 赤道付近の太陽光の明るさを100とすると、北欧では約25、東京は45程度になります。
 この太陽光の明るさと美しく見える色には密接な関係があり、明るければ明るいほどそれに比例して鮮やかな原色が映えるようになるのです。

世界地図

 北欧の明るさに近い北海道では落ち着いた色が周りと調和する色になります。赤道では映える鮮やかな原色も45程度の東京では浮いた印象を受けてしまい、落ち着かない色に感じてしまうのです。  季節によっても太陽光の明るさは変わりますので、東京でも夏は鮮やかな原色が似合いますし、冬は抑えた色が相応しいものになります。

木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に