千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

千葉市若葉区小倉台でバルコニーのひび割れが目立つため防水工事を実施


 千葉市若葉区小倉台にお住まいのお客様、築20年ほどのお住いで現在までバルコニーのメンテナンスは考えたことがなかったそうです。しかし、最近バルコニーにひび割れ等が目立ってきており気になったため、まずは点検と必要な工事のお見積りを出してもらおうと考え今回街の外壁塗装やさん千葉本店にご相談をくださいました。

ビフォーアフター

before
防水工事施工前
arow
arow
after
防水工事施工後

工事基本情報

施工内容
防水工事 
築年数
約20年
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明 
施工期間
4日間
保証年数
詳しくはお問い合わせください

雨漏りの原因とされやすいバルコニー

 一般的な戸建て住宅で雨漏りの原因として多くあげられる箇所をご存知でしょうか。実はベランダやバルコニーが水の侵入口となっているケースが多く、雨漏りの原因箇所としてよく指摘されやすい箇所なのです。
 ベランダやバルコニー、陸屋根などはほぼ勾配がないうえに、四方を壁に囲まれている場合はほとんどの為、構造的に考えると排水性が悪いのです。そのため雨漏りの原因となりやすい箇所と言われているのです。

バルコニーの劣化状態を確認していきます

 早速ご相談をくださいました若葉区小倉台にお住いのお客様のバルコニーを点検していきたいと思います。
 お住いが築20年程度とのことで、その間バルコニーのメンテナンスは1度もされていなかったこともありかなりひび割れや苔が目立っておりました。

ひび
排水溝苔

 特に、排水溝の付近には苔の発生が目立っておりました。苔が発生する原因には塗膜の劣化があげられます。塗膜の効果がなくなり、下地が水分を含み、加えて日のあたりの悪く湿気がこもりやすい場所と言う事もあり、苔が発生するには充分な環境です。
 苔の発生が原因でさらに水捌けが悪くなってきてしまいます。また、バルコニーの植物を置かれている場合は植物の種などから防水層に雑草が生える可能性もありさらに防水層を傷めている場合もあります。

 今回点検を行ってみて雨漏りしているところは見受けられませんでしたが早めに補修を行うことがおすすめとお客様にお伝えいたしました。
 劣化症状を長い間放置してしまうと雨漏りの原因に繋がってしまいます。雨漏りを引き起こしてしまうと、お住まい内部の腐食やシロアリの発生にもつながりますのでできれば早めに点検とメンテナンスを行ってあげることが大切です。

苔発生
コケ

バルコニーの防水工事を実施

 お客様と話し合い、バルコニーの防水工事を実施することとなりました。
 まずは高圧洗浄でバルコニーの表面を綺麗にしていきます。高圧洗浄で表面に付着したゴミなどを綺麗に落とすことで施工を行っても剥がれることなく密着性が高まるのです。
 今回ご相談くださいましたお客様のバルコニーのように雨漏りを引き起こしていない場合は問題ありませんが、雨漏りを引き起こしている場合は高圧洗浄を行う前に水が漏水しないように処理を行ってからの場合もあります。

高圧洗浄
洗浄

 高圧洗浄後はしっかりと濡れたバルコニーを乾かします。これには理由があり、下地が水分を含んでいる状態で防水工事を行ってしまうと内部の水蒸気によって塗膜の膨れや剥がれなどの施工不良を起こす恐れがあるのです。
 しっかりと換装した後は樹脂モルタルを全体的に塗布していきます。この際にしっかりと下地の不陸をなしていきます。勾配が亡くなり水溜りができるような状態にすると部分的に傷みやすくなってしまったり、雨漏りを引き起こしやすくなります。そのため必ず排水溝に水が流れるようにしていく必要があります。

樹脂モルタル
立ち上がり

 続いて樹脂モルタルが乾燥した後はプライマーを塗布していく作業に入ります。今回のバルコニーの防水工事ではウレタン塗膜防水を通気緩衝工法で行っていきます。
 一般的に防水工事には下地と防水層を密着させる密着工法と下地と防水層の間に通気層を設ける通気緩衝工法があります。

シート敷く
シート貼り付け

 通気緩衝シートを敷いていきます。通気緩衝シートには無数の穴が開いており下地に水分が含まれていても水蒸気の逃げ道を確保することができるのです。立ち上がり部分にはメッシュシートを張っていき補強をしていきます。通気緩衝シートと一緒に取り付けが必要な脱気筒。この脱気筒は通気緩衝シートを使用する場合は必ず使用します。
 またドレンには改修ドレンをとりつけ内部での雨漏りが起こらないようにしていきます。ドレンは雨水が流れる部分ですのでしっかりと補修を行っていきます。

防水工事

 今回の防水工事でしようするのはウレタン塗膜防水。通気緩衝シートの上にウレタン塗膜防水を伸ばしていきます。また、立ち上がり部分、平場の順にしっかりと丁寧に重ねながら施工を進めていきます。乾燥させ2層塗ってきます。

施工
立ち上がり施工

 仕上げに防水層の表面保護のためにトップコートを使用します。トップコートは基本的に約5年ほどが寿命と言われております。バルコニーですのでもちろん日々歩行する場所ですのでひび割れなどが発生しますが防水に影響はありません、しかし長い間放置することは危険ですので防水層を守るためにも定期的な点検とメンテナンスが必要です。

 街の外壁塗装やさん千葉では外壁塗装や屋根塗装以外にもベランダやバルコニーなどの点検やメンテナンスも行っております。現在ベランダやバルコニーのメンテナンスをお考えの方、お家を建ててから10年以上で劣化症状をそのままにしている方はぜひこの機会に街の外壁塗装やさん千葉にご相談ください。
 点検、工事のお見積り、工事に関するご相談は無料で承っております。また現在、新型コロナウイルス対策として調査や工事などでお客様のご自宅へお伺いする場合はマスクの着用を必ずし感染拡大防止に努めておりますので安心してご依頼ください。

街の外壁塗装やさん
千葉中央店

街の外壁塗装やさん千葉中央店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒292-0804
千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 市原市青葉台にてヒビ割れのあるベランダ、ウレタン防水工事をご提案

 市原市青葉台にお住いのお客様でした。ベランダの調査依頼があり伺ってきました。現在雨漏りなどの不具合は無いがヒビが発生しているのでご心配になられていました。築23年で今まで防水工事はされていませんでした。全体的に苔やヒビ割れをおこされている… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 茂原市東郷にて塗膜の剝離がある金属屋根、ウレタン防水工事でキレイな仕上がり

 茂原市東郷で金属屋根の調査に伺ってきました。定期的に屋根塗装工事を行っていて前回の塗装工事から約10年経過する事もあり調査のご依頼でした。定期的にメンテナンスをされている事もあり全体的に穴が空いているなども無く屋根塗装工事のメンテナンスで… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 茂原市中部にて劣化したベランダに通気緩衝工法でウレタン防水工事を行いました

 茂原市中部でベランダの床が経年劣化を起こしていました。通気緩衝工法でウレタン防水を行いました。下地調整を行い自着シートを敷設していきます。ウレタン密着工法と違い水分などの湿気を逃す事の出来るシートです。脱気筒を設置する事でうまく排出される… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に