千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

山武郡九十九里町西野にて経年劣化によるベランダの浮きが発生、ウレタン防水工事を実施しました


 今回は山武郡九十九里町西野にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「ベランダの上を歩くと少し沈む感じがする。防水層が浮いてしまっているのかもしれないので調査して頂きたい」とのことでしたので調査に伺い状況を確認しました。
 調査に伺い状況を確認するとお客様が仰っていたようにベランダの防水層が少し浮いてしまっている状態でした。その他にもFRP防水特有の摩耗によりガラス繊維が浮き出てしまっている部分も確認出来ました。FRP防水は耐久性が高いのですが、もちろん定期的なメンテナンスは必要となってきますのでお客様に現状をご説明し、ウレタン防水による工事をご提案させていただきました。今回は既存のFRP防水の上にウレタン防水を通気緩衝工法にてすることとなりました。

ビフォーアフター

before
ベランダの劣化
arow
arow
after
ベランダ防水完工

工事基本情報

施工内容
防水工事 
築年数
約30年
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明 
施工期間
4日間
保証年数
お付けしておりません
建坪
約30坪

ベランダ防水の浮きについてのご相談

 山武郡九十九里町西野にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「最近になり洗濯物を干す際などにベランダの上を歩くとベランダが少し沈むような感じがする。インターネットで調べてみたところ防水層が浮いてしまっているのではないかと思ったので調査と修理をお願いしたい」とのご相談でしたのでまずは現地調査にお伺いし現状を確認します。
 私たち街の外壁塗装やさんでは現在、新型コロナウイルス対策として調査や工事などでお客様のご自宅へお伺いする際はマスクを必ず着用し感染拡大防止に努めております

ベランダの状態

 それでは調査を行っていきます。まず、ベランダの防水層はFRP防水にて施工されていました。FRP防水とは言葉の通りFRPという素材を使用して防水層を形成しています。FRPは軽量で耐久性と耐水性に優れた繊維強化プラスチックというもので、普段の私生活では浴槽や自動車などに使用されています。現在は多くの住宅で採用されている防水工法です。

ベランダ全体
ベランダ全体

 お客様からお聞きしていた防水層の浮きですが、お客様が仰っていた通りベランダに乗ると防水層が少し沈みます。防水層が浮いてしまっていることにより下地との間に隙間が出来てしまっている状態です。その他にも経年劣化によりFRP防水特有のガラス繊維が浮き出てしまっている部分も確認出来ました。ガラス繊維の浮きは摩耗により発生します。

ベランダ 立ち上がり
排水ドレン

 お客様にお話を伺ったところ家を新築で建ててから一度も防水層のメンテナンスを行ってこなかったとのことでした。FRP防水は耐久性も高いのですが定期的なメンテナンスは重要です。ひび割れなどが発生し雨漏りに繋がると下地の腐食や室内への影響もできてきますので注意が必要です。
 お客様に状況のご説明とベランダ防水工事によるメンテナンスをご提案し、ウレタンを使用したベランダ防水工事を行うこととなりました。

通気緩衝工法によるウレタン防水工事の実施

 それではベランダ防水工事を行っていきます。まずは、下地となる既存の防水層を高圧洗浄機などを使用しながら汚れを落としていきます。ベランダにはアンテナが設置してありましたのでお客様にお声がけをし、防水工事が終わるまでの間少し浮かせるような状態にさせていただきました。ベランダにはエアコンの室外機が置いてあることも多く、その場合も施工の邪魔にならないように移動しておきます。

下地処理
ビス固定

 下地処理が完了しましたので、次にプライマーを塗布していきます。プライマーは下地とウレタンの密着性を高める効果があり、重要な工程となります。下地処理などをしっかりと行わないと施工不良につながりかねませんので慎重に工事を進めていきます。

下塗り
通気緩衝シート

 次に通気緩衝シートを敷設していきます。ウレタン防水には2種類の工法があり、通気緩衝シートは2つの工法の中で大きな差が発生する部分です。この通気緩衝シートが非常に重要な役割を担っています。2種類のウレタン防水工法の違いについては最後に説明させていただきます。

立ち上がり部施工
メッシュテープ

 通気緩衝シートのつなぎ目やシート周辺、ベランダの立ち上がり部にはメッシュテープを貼ります。
※立ち上がりの部分とはベランダの側面のことです。

通気緩衝シート敷設
ドレン

 通気緩衝シートの敷設が終わりましたので、改修ドレンを設置します。改修ドレンは排水が行われる部分の補修として使用します。ドレンが劣化してしまい漏水などに繋がることも多い部分になりますので補修していきます。

脱気筒設置
ウレタン塗布

 脱気筒を設置していきます。脱気筒も通気緩衝工法を行う上で重要な役割を果たします。脱気筒は文字通り水蒸気など排出する役割です。なんとなく通気緩衝工法の特徴がお分かりいただけてきたのではないでしょうか。
 次にウレタンを塗布して防水層を形成していきます。防水層は2層になりますのでしっかりと乾燥させてから次の工程に移ります。

中塗り
トップコート

 1層目が乾燥したら、1層目と同様にローラーを使用して2層目のウレタンを塗布していきます。その後、2層目も乾燥したら最後にトップコートを塗布していきます。ウレタン自体の耐久性は高く優秀なのですが、太陽の紫外線に弱いためトップコートを塗ることによりウレタン層を保護します。

脱気筒
改修ドレン

 トップコートが乾燥したらウレタン防水工事は完了となります。ウレタン防水はウレタン2層・トップコート1層の3層になるためそれぞれの乾燥時間を設けるため日数がかかってしまう工事となります。
 また、ウレタン防水を長持ちさせるためには最後に塗ったトップコートを定期的に塗ることでウレタン層を守ることができますので長持ちさせることができます。定期的なメンテナンスはとても重要です。

ベランダ防水完工

 最後にウレタン防水には2種類の工法があるとお話ししました。密着工法と今回の通気緩衝工法です。大きな違いは通気緩衝シートを敷いてウレタンを塗布するのか、敷かずに直接ウレタンを塗布するのかという違いです。通気緩衝シートを敷設し、脱気筒を設置することで下地と防水層の間にたまる水蒸気などを脱気筒を通して排出することができます。このことにより防水層の膨れなどを防ぐことができますので非常にお勧めです。

 ベランダの劣化を感じた方は無料点検を是非ご利用ください。点検とお見積りまで無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 白井市池の上にて雨漏りが発生したバルコニーのウレタン防水(通気緩衝工法)を実施しました

 白井市池の上にお住まいのお客様は、バルコニーからの雨漏りに悩まれていました。点検では、既存のウレタン防水層に穴が開いている様子が確認できました。防水層の穴を防ぐ為、ウレタン防水工事の通気緩衝工法を行っていきます。  現在、新型コロナウィル… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 木更津市畑沢南にてアパートの鉄階段、ケレン・サビ止めを行い塗装工事

 木更津市畑沢南でアパートの鉄階段調査に伺ってきました。鉄階段のサビが目立つようになっているので調査お願いいたします。との事で私達、街の外壁塗装やさんにお問い合わせでした。鉄部は定期的にメンテナンスを行う必要があるもので、経年劣化で赤サビが… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 旭市イでベランダのウレタン防水(通気緩衝工法)を実施し、雨漏りを解消!

 お住まいの雨漏りと言えば、屋根を想像する方が多くいらっしゃると思います。しかし、実際には、劣化が著しいベランダ床や外壁の目地、サッシ廻りから雨漏りしてしまうこともあります。  旭市イにお住まいのお客様は、ベランダからの雨漏りに悩まれていま… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に