千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

東金市田間にてベランダからの雨漏りが発生、経年劣化した防水層をウレタン防水工事で補修


 今回は東金市田間にお住いのお客様よりご相談を頂きました。「雨漏りが発生し天井から水が垂れてきてしまっている。天井の上はベランダなのでベランダからの雨漏りだと思う。新築で建ててからベランダのメンテナンスは一度もしていないので見ていただきたい」とのことでしたのでまずは現地調査にお伺いし状況を確認します。
 お客様のご自宅にお伺いし雨漏りとベランダの状態を確認します。ベランダはFRP防水により施工されていました。詳しく見てみると経年劣化により表面が摩耗しガラス繊維が見えてしまっています。その他にも小さなひび割れなども確認出来ましたのでベランダ防水工事をご提案させていただきました。お客様とご相談し今回はFRP防水の上にウレタン防水を通気緩衝工法を用いて施工することとなりました。

ビフォーアフター

before
防水工事Before
arow
arow
after
防水工事After

工事基本情報

施工内容
防水工事 
築年数
築30年程
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明 
施工期間
3日間
保証年数
お付けしておりません
建坪
約25坪

点検の様子

 東金市田間にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「雨漏りが発生し天井から水がポタポタと垂れてきてしまっている。天井の上はベランダなのでベランダからの雨漏りだと思われる。新築で建ててからベランダのメンテナンスを一度もしていないので調査をしていただきたい」とのことでしたのでまずは現地調査にお伺いします。
 まずはお客様のご自宅にお伺いし天井とベランダの状況を調査します。現地調査にお伺いした日は雨が降っておりましたので天井からの雨漏りが確認できましたので次はベランダを見ていきます。

天井からの雨漏り
ベランダの状態

 次はベランダの状況を確認します。ベランダはFRP防水にて施工されていました。新築の時から一度もメンテナンスをしてこなかったとのことでしたので汚れも目立ち所々にひび割れも確認出来ました。FRPにはガラス繊維が使用されており経年劣化により表面が摩耗するとガラス繊維が見えてきます。お客様のご自宅の隣には木が生い茂っており、落ち葉がベランダの排水溝に詰まり水の流れが悪くなってしまうことも多々あったそうです。水が溜まってしまいそのままの状態でいることも劣化を早めてしまう要因になりかねませんので注意が必要です。

排水溝の状態
防水層の劣化

ご提案内容

 調査が終了しましたのでお客様に状況をご説明しベランダ防水工事をご提案しました。今回ご提案させていただきましたベランダ防水工事は既存のFRP防水とは違い、ウレタン防水というものです。ウレタン防水の通気緩衝工法をご説明させていただきました。ウレタン防水はウレタンと呼ばれる樹脂を液体状にして防水層を形成しております。ウレタンは柔らかく弾力があり摩耗性にも優れており、スポンジや車のタイヤなど身近なものにも使われています。

 その後、お見積りをご提出し工事についてご説明させていただきベランダ防水工事を行うこととなりました。

施工の様子~竣工まで

 それではベランダ防水工事を行っていきます。工事を行うにあたり私たち街の外壁塗装やさんでは新型コロナウイルス対策を実施しております。調査や工事で行う際はマスクを必ず着用し、また現場スタッフの体調管理を徹底するなどの対策を行い感染拡大防止に努めております。
 まずは既存の防水層の下地処理から行います。高圧洗浄機などを使用して汚れなどを落としていきます。ベランダにはエアコンの室外機があることが多く、もちろん室外機の下も防水工事を行いますので施工の邪魔にならないように移動しておきます。

高圧洗浄
下地処理

 下地処理が終わりましたら、プライマー塗布していきます。プライマーは下地との密着性を高める効果があります。下地処理やプライマーなどをしっかりと行わないと施工不良につながってしまいますので入念に工事を進めていきます。
 次に通気緩衝シートを敷いていきます。ウレタン防水では密着工法と通気緩衝工法の2種類があり、大きな違いはこの通気緩衝シートを敷きその上からウレタンを塗布するのか下地に直接ウレタンを塗布するのかの違いです。通気緩衝工法を行うことでベランダ防水でよくあるトラブルの防水層の浮きや膨れを防ぐことができます。

プライマー塗布
通気緩衝シート

 通気緩衝シートを敷設したら、メッシュテープで通気緩衝シートの周りやベランダの立ち上がり部(ベランダの側面)に貼ります。

通気緩衝シート敷設
メッシュテープ

 次に右下の写真のように脱気筒を設置します。こちらの脱気筒も通気緩衝工法ならではのものになります。脱気筒は通気緩衝シート部分にたまる水蒸気を脱気筒から排出し防水層の膨れを防ぎます。

脱気筒設置前
脱気筒設置

 通気緩衝シートや脱気筒の設置が終わりましたので、これからウレタンを使用し防水層を整形していきます。まずは立ち上がり部から行い、次に平場にウレタンを塗布していきます。

立ち上がりウレタン塗布
ウレタン塗布

 しっかりとウレタンを乾燥させ、最後にトップコートで防水層を保護していきます。防水層の劣化を防ぐにはトップコートは非常に重要です。5年程度でトップコートの塗り替えを行うことで防水層が長持ちしますので定期的にメンテナンスを行うことをお勧めします。

トップコート

 無事にベランダ防水工事が終了しました。ベランダ防水工事を行ったことで雨漏りも止まり、心配なく過ごすことができるようになりました。また、見栄えも大変きれいに仕上がりました。ウレタン防水も耐久性が高いのですがメンテナンスを行わなければ劣化が早くなってしまい、ひび割れなどに繋がってしまいますので注意が必要です。

防水工事完工

 ベランダや屋上などの防水工事をご希望の方や雨漏りでお困りの方はお気軽にご相談ください。点検とお見積りまで無料で行っております。

街の外壁塗装やさん
千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒292-0804
千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE

街の外壁塗装やさん千葉本店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 茂原市緑町にてベランダ下より雨漏りが発生、ベランダ防水工事をご提案

 今回は茂原市緑町にお住いのお客様よりご相談を頂きました。「ベランダ下から雨漏りが発生してしまっているので調査をお願いしたい」とのご相談を頂きました。ベランダの防水層も経年により劣化しますので定期的なメンテナンスを必要な部分になります。  … 続きを読む
new画像

ブログアイコン 館山市船形にてベランダのウレタン防水(通気緩衝工法)を実施

 今回は館山市船形にお住いのお客様よりベランダ防水の劣化についてご相談を頂き、調査を行ったところ既存のFRP防水が劣化し繊維が見えてきてしまっている状態でした。その他にもひび割れを起こしてしまっている部分も確認できました。お客様にご説明し防… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 柏市大津ケ丘にてベランダのウレタン防水(通気緩衝工法)が完工!

 お住まいのメンテナンス工事には、様々なものがあります。屋根・外壁塗装以外にも、ベランダやバルコニーの防水工事といったメンテナンスもありますよね。そういった部分も定期的な点検・メンテナンスが必要です。劣化症状が見られ始めましたら、お気軽にご… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に