千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒299-0261

千葉県袖ケ浦市福王台2-21-11 セントラルビル1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

外壁塗装工事前の重要事項、下地処理


texts

屋根塗装・外壁塗装工事は今ある屋根や外壁にただ塗装しているわけではありません。建物は経年変化や自然災害によりダメージを受けていますのでヒビが入ったり、穴が空いたり、苔が発生することもあります。時には建物の傷みから雨漏りしてしまう場合もあります。塗装工事では傷んでしまった場所を補修し、更に建物の耐久性を高めるために表面を塗料でコーティングしているのです。

屋根や外壁の苔・藻類など、表面の汚れは高圧洗浄で除去できますが、ヒビや割れなど、下地の一部が欠損した場合はその場所に応じて補修をします。この補修作業ですが、下地材によって補修方法も様々ですので代表的なものをいくつかご紹介したいと思います。

columns

袖ケ浦市 モルタル壁のヘアークラック
ヘアークラック
袖ケ浦市 モルタル壁のヘアークラック補修
ヘアークラック補修

texts

モルタル壁は経年変化によってクラックが発生します。割れの浅いものはヘアークラックと呼ばれ、弾力性のある下塗材を塗布することで対処できます。割れが深い構造クラックと呼ばれるものに対しては下塗材だけでは不十分ですので別の方法で対処します。

columns

袖ケ浦市 モルタル壁のクラック補修 構造クラック
構造クラック
袖ケ浦市 モルタル壁のクラック補修 サンダー
サンダーでクラックをV字カット

texts

クラックが深い場所は建物の耐震性に影響が及ぶ可能性もあります。溝に補填材やモルタルを充填して補修するのですが、溝の入り口が狭いと補填材が溝の奥深くまで行き渡らないので、機械で溝をV字に広げる場合もあります。溝の奥まで充填材を入れたらクラック補修完了です!

columns

袖ケ浦市 モルタル壁のクラック補修 構造クラック モルタルで補修
モルタルを充填
袖ケ浦市 モルタル壁のクラック補修後の下塗り
下地処理が終わったら塗装開始です

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 塗料は種類ごとに耐用年数が異なります|袖ヶ浦市

袖ヶ浦市の外壁塗装を行ったばかりのお客様邸にてクラックを発見しました。外壁塗装の耐用年数は10年~20年、短いものによっては3年~4年と塗料によって異なり、備えている機能も様々です。塗料の種類でも違ってきます。 各メーカーの塗料一つ一つの耐… 続きを読む
new画像

ブログアイコン モルタル外壁が剥がれる原因と必要な補修工事|君津市

君津市のお客様邸にて、モルタル造の外壁を調査していたところ、モルタルが剥がれて下地が見えているのを発見しました。モルタルはセメント、砂、水を練り混ぜて作ります。モルタル自体は防水性が低い為、塗料をモルタルの表面に塗装し、防水性を保持していま… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 横張りのサイディング材が反る原因|木更津市

木更津市のお客様邸にて外壁のサイディング材に反りを発見しました。こちらのお客様邸ではサイディング材を横張りで施工しています。一般的に、横張りの留め方は釘打ちと金具で留める工法があります。外壁は四季の寒暖の差で伸び縮みするので、釘打ち工法の場… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に