千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒292-0804

千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

シェアテック本社の室内リフォームが竣工!


 木更津市文京に所在する(株)シェアテック本社のリフォーム工事が竣工しました。(株)シェアテックは、街の外壁塗装やさんと街の屋根やさんを運営しているリフォーム会社です。2019年4月に袖ケ浦市福王台から移転したのですが、2階がオフィスとなっており、1階と3階はあまり手を入れていませんでした。
 来客の際には、2階で対応していたのですが、1階で対応できるよう、室内のリフォーム工事を行いました。そして3階は、スタッフが休憩時間に使用できるトレーニングルームになりました。その他にも玄関口の軒天補修や階段床の張替え、屋上のメンテナンスも行いましたので、その様子をご紹介します。

ビフォーアフター

before
1F 室内リフォーム前
arow
arow
after
室内リフォーム後

工事基本情報

施工内容
室内塗装 防水工事 シーリング打ち替え その他 
施工期間

保証年数

建物入口の軒天工事

軒天の重ね張りと塗装を行います

 まずは、建物入口付近の軒天工事を行っていきます。軒天には目立つシミや破損等は見られませんが、繋ぎ目が目立ち始めていました。今回のように、表層のみに劣化症状が見られた場合には、既存の軒天材の上から新たな軒天材を張り付ける、軒天増し張り工事が最適です。

パテを繋ぎ目に塗布し、表面の凹凸を無くす
軒天塗装前の養生

 軒天の増し張り後には、塗装を行います。しかし、塗装する前には、パテ処理と養生を行わなければなりません。
 パテ処理とは、繋ぎ目にパテと呼ばれる充填剤を塗り、表面を滑らかにする作業を言います。パテ処理などの下地調整は、仕上がりを大きく左右する大切な工程です。
 パテ処理後、養生を行っていきます。外壁塗装でも行う作業なので、ご存じの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。塗料が付着してはまずい部分にビニールを被せる作業になります。こちらもトラブルを未然に防ぐ重要な工程ですね!

軒天の枠に合わせて養生テープを貼る様子
ケンエース
 軒天の塗装には、ケンエースG-Ⅱを使用しました。様々な部分に使用可能な水性塗料です。ヤニ・防カビ・シミ止め効果や優れた透湿性を発揮しますので、湿気が籠りやすい軒天の塗装に適しています。

1階は来客をお出迎えする空間に

天井張替え前は、ジプトーンでした
石膏ボードの天井を全て取り外します

 室内の天井には、ジプトーンと呼ばれる素材が使用されていました。ジプトーンとは、写真のような白色に黒い斑点模様が特徴的な素材です。学校や病院、事務室といった公共施設に幅広く使用されますので、皆様一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
 今回、お客様をお出迎えする空間にしますので、内壁に合わせた天井へ張替えます。

石膏ボードを取り外し、新しい天井を設置していきます
鉄骨にボードを貼り、パテで隙間を埋め、平らにします

 天井材を撤去すると、鉄骨があらわれますので、ボードを貼っていきます。繋ぎ目にできた隙間は、パテを塗ることで平らになります。上からクロスを貼る際に、表面が凸凹していると、綺麗に仕上がりませんので丁寧に行います。クロスは、天井や床を仕上げるシート状の仕上げ材です。

天井にクロスを貼りました

 クロスを貼り終えた後の天井がこちらです。木目柄がお洒落な天井になりました。まるで本物の木材のような仕上がりです。木材柄の他にも、色々なデザインがありますので、お気に入りの柄が見つかると思います。

内壁を剥がす
チーク古材を打ち付ける

 既存の壁材を剥がし、色の異なる彩木を打ち付けていきます。彩木は、一つ一つ色や幅が違いますので、自然な雰囲気ですよね。また、立体感もあって、更に素敵な印象です。

内装にタイルを貼る
柱にタイルを貼る

 内壁には、様々な素材を使用します。それぞれサイズや色が違いますので、メリハリのある、見ていて楽しい内壁になりました。サイズや色の異なる素材をセンス良く並べることは、とても難しいものです。

床にはクッションフロアを貼ります
床 クッションフロア

 床には、天井や内壁に合わせて、木材柄のクッションフロアを貼りました。クッションフロアは、塩化ビニール素材で作られ、クッション性に優れたシート状の床材になります。天井と同様、とてもリアルですよね。

1階 内装リフォーム後

1F 室内リフォーム後

 1階の内装リフォーム後がこちらです。爽やかで落ち着いた空間になりました。前文でも記載したように、内装には立体感があるのですが、写真では伝わりきれないのが残念です。

トイレ Before・After

トイレ 内装工事前
トイレ 内装工事後

 トイレは和式から様式になりました。やはり、機能性は重要ですよね。壁もタイル調から、可愛らしい動物柄へ変わりましたので、リラックスできる空間になったと思います。内装に黄色を取り入れることで、明るい雰囲気にもなりました。

階段床の張替えを行っていきます

長尺シート張替え前の階段

 入口の自動ドアから入るとすぐには、らせん階段があります。2階のオフィスに向かう為、スタッフ全員が毎日必ず歩く階段です。深みのあるワインレッドもお洒落な印象で素敵なのですが、室内の爽やかなイメージに合わせて張替えます。

既存の階段用床材を剥がし、新しいものを階段の形状に合わせてカット

既存の階段カーペットを丁寧に剥がします
階段床の形状に合わせて長尺シートをカット

 まずは階段の床材を綺麗に剥がし、下地を整えます。その後、階段の形状に合わせて、新規床材を丁寧にカットしていきます。らせん階段の床は、湾曲している部分が多く、内側と外側の幅も異なりますので、通常の階段よりも採寸が難しくなります。

カットしたものに張り替える

階段床材(長尺シート)をカットしている様子
カットした長尺シートを模様になるよう貼ります

 カットした床材が模様になるよう張替えていきます。使用した床材はシール式なので、接着剤を使う必要がありません。難しい技術や知識、道具が無くても取り扱えますので、DIYを検討している方にもお勧めです!

階段床の張替えが完了

長尺シート張替え後のらせん階段

 階段床の張替えが完了しました。3種類の床材を使用し、華やかな幾何学模様のらせん階段になりました。床材のデザインは豊富にありますが、こうして並び替えて模様を作ることで、オリジナリティが増します。一工夫することで、見る人も楽しめるのではないでしょうか。

階段 Before・After

階段のカーペット張替え before
階段のカーペット張替え after

 階段床の張替え前と張替え後の様子です。比べて見ると、かなり印象が変わったのが分かりますよね。張替え前も素敵ですが今回、壁や玄関床・手すりの同系色を選びましたので、今まで以上に空間とマッチしている気がします。

3階はトレーニングルームと撮影室に

壁はクロスを貼ります
壁にクロスを貼る様子

 3階は元々、一つの広い部屋となっていました。間仕切り壁を作り、トレーニングルームと撮影室に大改造しましたので、その様子をご紹介します。こちらはトレーニングルームになる空間です。ジプトーンの天井は黒く塗装し、内壁には赤系のクロスを貼りました。天井を黒色にすると、引き締まった印象になりますね。

床に接着剤を塗布
クッションフロアを貼り付ける

 床は1階と同様、クッションフロアを貼ります。床を綺麗に清掃し、塵を取り除き、クッションフロア用の接着剤を塗っていきます。その後、繋ぎ目に隙間ができないよう、一枚一枚丁寧に貼っていきます。

ロイヤルストーン

 撮影室側の床には、ロイヤルストーンを使用しました。ロイヤルストーンは、東リ株式会社が販売しているフロアタイルです。石目柄がプリントされており、高級感がある魅力的な製品です。内装に取り入れるだけで、室内の雰囲気もガラリと変わります。

ロイヤルストーンを床に張る
清掃

 床一面にフロアタイルを貼っていくと、隅には若干の隙間ができてしまいます。しかし、フロアタイルは塩化ビニール素材なので、カッターで簡単にカットすることが可能です。隙間の大きさに合わせてカットし、貼っていきます。貼り終えましたら、掃除機をかけ、綺麗にします。

床と天井の張替え後、間仕切り壁を設置していきます
扉が運ばれてきました
 続いて、間仕切り壁を設置していきます。間仕切り壁は、空間をいくつかの部屋に分けることを目的とした壁です。生活している上で、「部屋の数を増やしたい!」と思われる方、結構いらっしゃると思います。間仕切り壁を設置することで、そういったお悩みも解決できます。
間仕切り壁設置
間仕切り壁 作業
 間仕切り壁の枠を取り付けていきます。縦横の採寸を行い、枠を設置する箇所を決めてから、ビスで固定します。
間仕切り壁 格子と扉が設置されました
ガラスと曇りガラスをはめ込む
 枠と扉を設置後、ガラスをはめ込んでいきます。上から3段目の横1列には、曇りガラスを使用しました。乳白色で不透明なので、目隠し効果があります。トレーニングルーム等のプライベート空間に取り入れる方も多いのではないでしょうか。また、太陽光を適度にシャットアウトする効果もありますので、眩しすぎる部屋に取り入れるのも良いと思います。
トレーニングルーム 内装リフォーム後

 室内リフォーム後、組み立てたトレーニング器具を並べた様子がこちらです。とても本格的なトレーニングルームになりました。天井・内壁ともにシックな色なので、落ち着いた印象ですが、床に木目調を取り入れることで、垢抜けたように思えます。天井には照明も取り付けられていますので、いつでも明るい空間でトレーニングすることができます。

撮影室 内装リフォーム後

 隣の撮影室はシンプルで爽やかな印象になりました。写真や動画を撮影する空間ですので、やはり白を基調とするのが一番ですよね。白色を多く取り入れると、室内も余計に広く感じます。

屋上(笠木)のメンテナンス

養生テープを貼る
プライマー100

 屋上のメンテナンスも行いました。移転後、防水工事は行いましたので、今回は笠木の繋ぎ目を補修します。笠木は、陸屋根(屋上)の周囲に立ち上がる低い壁や、ベランダ・バルコニーの手すりといった様々な箇所に取り付けられており、防水機能を担っています。

笠木の繋ぎ目補修
笠木の繋ぎ目を補修している様子

 笠木の繋ぎ目周辺に養生テープを貼り、プライマー100を充填します。プライマー100は、株式会社ダイフレックスが製造・販売している防水材です。ダイフレックスと言えば、無機塗料のダイヤスーパーセランフレックスが有名です。防水材だけではなく、有名な外壁塗料も多数販売している会社なので安心です。ある程度、乾燥しましたら、養生テープを剥がします。

笠木の繋ぎ目補修が完了

 笠木の繋ぎ目補修が終わりました。この繋ぎ目から雨漏りが発生してしまうケースは多く、それを防ぐ為にコーキング材を充填して、防水機能を高めます。しかし、コーキングは経年とともに劣化しますので、10年を目安に打ち替えることが好ましいです。陸屋根やベランダ、バルコニーのあるお住まいは、笠木が劣化していないか確認してみましょう。
 私たち街の外壁塗装やさんでは、室内塗装やクロスの張り替えといった工事も承っております。お気軽にご相談ください。
 段々、新型コロナウィルス感染者も減ってきましたが、油断は禁物です。街の外壁塗装やさんでは、引き続き新型コロナウィルス対策を実施しています。

街の外壁塗装やさん
千葉本店

街の外壁塗装やさん千葉本店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒292-0804
千葉県木更津市文京5-11-16
ST×BASE

街の外壁塗装やさん千葉本店

お問い合わせはこちら

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 市原市の工場でスレートと雨樋交換、内部鉄骨の塗装工事をご提案

自然に囲まれた市原市の環境は人にとってはとても優しい環境なのですが、建物には逆につらい環境ともいえます。周囲に雑草も多く風雨にさらされやすので、その分外壁のスレートも劣化進みやすい環境といえます。 実際に見てみますと、外壁の一部が屋根まで蔦… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 袖ケ浦市にて突発的な漏水で室内の天井が今にも落ちてきそう

袖ケ浦市にお住まいのお客様は、室内の天井が今にも落ちそうになるくらい、撓んでしまい、毎日不安にな生活を強いられていました。点検に行くとお客様の言っていることが一目で解るほどの状態です。以前、リフォーム工事で天井を増し張りされており、かろうじ… 続きを読む
木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に