チョーキングの発生は塗装時期のサイン|市原市


2015年3月9日 更新   本日は、市原市にて外壁塗装の調査にお伺いいたしました。前回の塗装から15年経過したとの事でお問い合わせを頂きました。それでは調査に入ります。外壁の塗膜が経年劣化によるチョーキング(塗膜の粉化)が起きています。チョーキングの発生は塗装時期のサインです。調査を続けます。雨樋の固定金具付近の外壁にクラック(亀裂)が発生しています。クラックは補修せず時間が経過しますとクラックの幅が広がり雨漏りの原因に繋がりますので塗装前に補修が必要です。外壁にコケや藻が多く発生しており戸袋の塗膜の劣化剥離してしまっている状況ですので早期塗装工事が必要です。 P3084832_R.JPG P3084833_R.JPG P3084846_R.JPG P3084847_R.JPG お客様に状況をご報告いたしました。工事として、外壁塗装工事、外壁クラック補修工事、をご提案いたしました。早期お見積を作成しお客様とお話しを進めていきたいと思います。 P3084848_R.JPG P3084849_R.JPG 塗装工事のご相談は、外壁塗装工房0120-948-355にお問い合わせ下さい。調査・お見積もりは無料です。お気軽にご相談下さい。お待ちしております。

木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に