千葉県の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん千葉本店へ。

街の外壁塗装やさん千葉本店

〒299-0261

千葉県袖ケ浦市福王台2-21-11 セントラルビル1F

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

千葉県実績ナンバー1おかげさまで多くのお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

外壁塗装と屋根塗装の塗膜が剥離してしまう原因とその理由


外壁塗装と屋根塗装をして綺麗なったお家、業者から「10年は持ちますよ」と言われたのに『たった数年で塗膜が剥がれてきた』というケースもたまに起こりえます。自分のお家がこんなことになったら、大ショックですよね。一般的に塗膜の剥離や剥がれは塗膜が接着力を失ったことによって起こります。では、どうして塗膜は接着力を失ってしまったのでしょうか。

塗膜の剥がれ

剥がれの原因の多くは施工不良

期待される耐用年数の前に塗膜が剥がれ落ちてしまう原因は多くの場合、業者の施工不良です。これまでの「脆弱な塗膜を除去せずに塗装」してしまった、塗装する面の「洗浄が充分ではなかった」、高圧洗浄や下塗り・中塗りの「乾燥時間が足りていない」、「錆の除去が不十分」など業者がしっかりとした施工を行わなかったためです。悪く言えば、手抜き工事をしたからなのです。多少なりとも生活に影響が出てしまう外壁塗装、お施主様にとっても工期は短い方がいいのでしょうけど、後に不具合が発生するようでは問題です。

汚れを落とした後の乾燥時間も大事、高圧洗浄
金属への錆止め塗布

業者が知識不足ということもある

世の中には塗料との相性が悪い建材も存在します。以前から亜鉛めっきされている鋼板とある塗料の相性が悪いことは知られており、これを解決するためには専用の下塗り材を使用しなければなりません。亜鉛めっき鋼板の中には予め塗装された状態で流通しているものも存在します。塗装された商品が流通していることから、普通に塗装できると勘違いしている業者もいるのです。建築において塗装は仕上げ工程であり、それだけにさまざまな建材に対する知識も求められます。「塗料は半製品」という言葉もある通り、それを完全な完成品とするか、不具合を出してしまう未熟品としてして世に出すかはすべて業者の施工次第なのです。外壁塗装において業者選びがとても重要と言われる由縁はこういったことにもあるのです。

木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に