屋根・外壁塗装の調査・お見積り|松戸市


2014年1月25日更新 

 

本日は、前回屋根・外壁の塗装工事を行ってから10年ほど経過しているので、 

再塗装の検討しているお客様からお問い合わせをいただき、お伺いいたしました。 

訪問した際に、お客様にお住まいで気になる箇所等をお伺いし調査を開始いたしました。

 

屋根の点検に入ります。

P1230197_R.JPGP1090007_R.JPG

スレート・コロニアル屋根です。

割れや・欠けは見当たりませんでしたが、苔が全体に発生していました。

苔が発生しますと屋根部の水はけが悪くなり、雨が降った際に

雨水が滞留しやすくなり、劣化の進行が早まり、雨漏りの原因に繋がります。

 

続いて、棟の点検に入ります。

P1090002_R.JPG

釘浮きが出ていました。

釘が浮いていますと、風の影響で板金の剥がれの原因にも繋がりますので

あまり良い状態ではありません。

 

続いて、雨樋の点検に入ります。

P1230274_R.JPG

 

雨が降った際に、雨樋から雨水が溢れてくるとのことでしたので

調査しましたら、雨樋のマスの部分に砂が溜まり詰まっている状態でした。

この状態ですと、雨水が雨樋から溢れるのもそうですが、雨水が上手く流れず

雨樋の破損等に繋がりますので、定期的な掃除が必要になります。

 

次は、外壁の調査です。

P1230232_R.JPG

チョーキングが出始めていました。

塗料が経年劣化し分離すると粉化しこのような現象が起きます。

粉化すると、塗料の役割である、「防水」「保護」などの損なわれます。

塗装時期だと考えられます。

P1230231_R.JPG

 

サッシ回りには、クラックが出ていました。

幅は0.25mmでしたので、ヘアークラックでした。

クラックを、補修などせずそのままにしておきますと

幅広がり(構造クラック)、内部にまで亀裂が入り、雨漏りや構造の腐食の原因になります。

今回はヘアークラックですので、補修⇒塗装とお客様に提案します。

 

お客様に、現状のご報告をさせていただき、お見積りをお作りするにあたっての工事方法を

打ち合わせいたしました。

お客様のご要望は、屋根は金属のガルバリウム鋼板での、カバー工法(既存の屋根に新しい屋根を被せる工法)

をご希望でしたので、屋根カバー工事・外壁塗装・雨樋交換工事のお見積もりをお作りし

ご提案させていただきます。

 

今回、調査にお伺いいたしましたお客様の奥様からのお話で、

屋根が道路から見やすいという事もあり、営業マンが1日に3回!しかもほぼ毎日の

ように来たそうです。

そのようなお話し聞いた私は、「お客様のことをどう思っているのだろう」と

思いました。

何事にも「人の気持ちを考える」が1番です。

 

お住まいの事で、お困りな事が御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

無料で調査にお伺いいたします

木更津市,袖ヶ浦市,君津市,市原市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん千葉本店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん千葉本店に